Terminal 1

THE ALFEE、阪神タイガースのこと、あれこれ・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
HELLOWEEN: THE KEEPER OF THE SEVEN KEYS-THE LEGACY WORLD TOUR 2006(ZEPP TOKYO)
今日は THE ALFEE でも、阪神タイガースでもなく、
もうひとつの私の "大好き"...
ジャーマンメタルバンド、ハロウィンの話。

こちらで新譜の視聴ができます


3月1日、ZEPP TOKYO で行われた HELLOWEEN のライブに行ってきました。

昨年の秋、新譜プロモーションのミニライブ&握手会に来日してくれた時は
まだ来日の日程が発表されていなかったので、
ちょっと心配になり、ギターのサシャに直接尋ねてみました。
"In spring..."って返事をもらえたので、この日を楽しみにしていました。


公式発表後、まず川崎の CLUB CITTA のチケットを先行で予約。
この会場はまもなく完売しました。

前回の来日の時も2公演に参加して浸れたので、
今回も3月1日の ZEPP TOKYO にも行こうと決めました。

ZEPP TOKYO 発売日、幸運にもすぐに電話がつながり、
2階席を取ることができました!!
CLUB CITTA はオールスタンディングなので、
ZEPP では、ゆっくりと聞きたいと思いました。

メタルをすわって聞くなんて邪道・・と、思う人もいるかもしれません。
でも、これはこれで、ステージ全体を見渡して味わえるし、
特に、もうそんなに若くない人にとっては
メタルだろうが何だろうが、
こういう「ゆったり聞いて、観る」楽しみ方も、なかなか乙なのです☆


カップリング・ツアーということで、
ハロウィンの前にPRIMAL FEAR というパワーメタルバンドが出演しました。
先日リリースされた新しいアルバムはチェック済みだったので、
生で聞けて、また経験が増えました。
駆け出しメタルバンドに時々見られる生半可な煽りバンドは
私の好みではないので、
硬派な PRIMAL FEAR は楽しめました。
メロディアスな疾走感がかっこよかったと思いました。

ボーカルが、パワフルな声量で「菜の花畑」を熱唱してくれました。
「耳コピ」だか「・・っぽい」歌詞には笑えました☆


PRIMAL FEAR の演奏時間は55分。
セットチェンジの後、ハロウィン・ワールドへ。

ハロウィン・メンバーが照らし出されると、
観客のウォーーーッという歓声。
(観客の大多数は男性なので、歓声は低く、ウォーーーッ!)

新譜、"KEEPER OF THE SEVEN KEYS-THE LEGACY-" のオープニングと同じ
14分近い大作、"THE KING FOR A 1000 YEARS" で始まり、
予測通りだったけど、 KEEPER 寄りながらも、
新旧アルバムから10曲ちょっと演奏してくれました。
アンコールは3曲でした。
終演、10:30頃。



ハロウィンは目指す音楽志向の違いなどから
リリースするアルバムごとにメンバーが変わるほど頻繁にチェンジして来ました。
でも、今回のステージの上の5人は皆とても満足そうで、
何よりも楽しそうでした。


バンドの20周年を終えて、
『今までで一番満足なアルバム。今のメンバーは同じ志向なので
録っていて一番楽しかった。』
オリジナル・メンバーのギタリスト、 Michael Weikath が話していた通り
このまま落ち着いてほしいと思いました。

ボーカルのアンディーの歌、よかったです!!上手かったです!!
以前のボーカルの熱狂的支持者は、
現在アンディーがハロウィンのボーカルをやっていることに対して
彼の高音や歌いまわしなどさまざまな感想もあるようだけど、
私はアンディーの歌い方、声、表現力、そして人柄が大好きです。
声の尖りみたいなのは KISKE ほどではないけど、
アンディーの声のツヤや温かみは
年期が入ってきたメタル・バンドに最高のマッチだと感じました。


FREEDOM CALL から移籍した新しいギタリスト、
長身(190cmあるらしい。)で黒髪 SASHA は
容姿も難なく日ターを弾きこなす様はかっこよ過ぎ!!
でも、雰囲気はかわいかった☆
2003年の来日ライブの時はまだ参加したてのホヤホヤで、
他のメンバーに比べて大幅に若いということもあったのか、
音も存在感も、まだ遠慮気味で控え目だったけど、
今回はしっかりハロウィンに溶け込んでいました。
全く違和感がなかったです。
何だか、SASHA の成長が見られた気がしました。(笑)

MICHAEL WEIKATH は曲間にたばこをくわえ、
始まってもそのまま演奏してクールさを見せたかと思えば、
サシャのソロの時に後ろではしゃいでいたし、
一番盛り上がりのアンコールではギターをボーカルにあずけて
自分はステージ端っこで満足げにくつろいでいたり・・
相変わらずの自然体。そして、とても楽しそうでした。
彼が楽しんでいるのを見て、うれしくなりました。
彼がハロウィンを紆余曲折ありながらも、率いてきたから。

もう一人のオリジナル・メンバーのベーシスト、Markus Grosskopf
彼はステージ上を動き回り、他のメンバーと絡み合っていた。
彼も楽しそうでした。

真新しいドラマー、Dani Loeble
優れたリズム感と迫力のドラミング、
ハロウィンの曲調を理解していて、最高にいい感じでした。
サービス精神もいい感じで、
MARKUS とドラム・バトルやったり、サシャとはダニがおもちゃのギターで
ギターバトルやってました(笑)


ハロウィンはかなり「お笑い」入ってきました。
某、32周年を迎えたジャパニーズ・ロック・バンドみたい(笑)


このメンバーでずっと続くといいな。。
最高に楽しかったです!!



日曜日は、川崎 CLUB CITTA へ行ってきます。
3時間のスタンディング。。
整理番号は比較的若いけど、
背の高い男性陣に混じって
ステージが見渡せなくても、見える場所を確保できるかな?

前列には行きませんよ・・・。


楽しみ!!



追伸:
メタルのライブはアルフィーのライブと違って、
いつトイレに行ってもスイスイです。
余裕のトイレ・タイム女



その他 音楽 | 16:40 | author sari | comments(0) | trackbacks(0)
23日:ROCKBAN 『メタル特集』
24時半から始まるラジオ放送。
ロックエンターテインメント〜 DJ:高見沢俊彦

この時間帯なので、めったに聞くことはないんですけど、
たまたまホームページを見たら、『メタル特集』。
「新堂本兄弟」の流れで聞いてみました。

ゲストバンドが来てました。
音速ライン。
高見沢さんが今、一押ししているバンドだそうです。


音速ラインは、昨年、下北沢のライブハウスで聞きました。
スローライフ・ミュージックをテーマにしたバンドだそうですが、
いわゆる、耳に入りやすく、どこか懐かしめな旋律の
和ギター・ポップ・ロック。
最近、またこういう系の音が復活なのかしら?
メキメキ観客動員を増やしているフジファブリックなんかも、
明るい和ギターポップ・ロックですね。
ちなみに、私はフジファブリックに注目中...

音速ラインが以前リリースしたCDジャケット写真が
無断使用、つまり盗作だと訴えられて問題になっていました。
コピーライトとは、アーチストなどの知的財産を守る法律。
音速ライン関係者一同、自分達が生み出した作品は財産でしょ?
他人のそういった財産にも、もっと敏感でいて欲しいと思います。


そんなスローライフ・ミュージックの音速ラインを迎えての
"メタル" トーク。
実は、番組DJの高見沢さんと音速ラインメンバー2人が
メタル好きということから・・


『めっちゃダメ・メタル(ダメータル?)』のコーナー。
オージー・オズボーン:
「あの時、こうもりを食べたのはまちがいだった」

オージー・オズボーンがステージでこうもりの頭をちぎって
口にしたアクトについて、
あれは、観客から投げ込まれたこうもりだったそうです。
まだ生きてるとは気づかずに、ライブの勢いで...
かなりグロイ話です・・。
でも、まぁオージー・オズボーンのことですから、
「ふん、ふん。」と聞いていました。


私が学生の頃、Ozzy Osbourne は自身が作った Black Sabbath を脱退
ソロに転向始めていました。
その Black Sabbath とは、高見沢さんお気に入りのハードロックの
元祖とも言われるバンド。
こうもり事件以外にも、ここはいろいろとあります。
バンドのレコード(CDではなく...)を聞いた複数のロックキッズが自殺した
ことがあり、Black Sabbath は普通には聞き取れない周波数、音量、や速度で
潜在意識に直接働きかけるサブリミナル・メッセージを流し込んでいると
訴えられたこともあります。
結論はどうだったのでしょう?
私は、フォローしていませんが。

"Diary Of A Madman" というアルバム・タイトルもありますが、
狂気との境で音楽をやったアーチストですね。
その境目を渡らなかったのは、彼の才能を開花させ、世に送り出した
彼のマネージャー兼奥さんのシャロンのおかげでしょうね。


Ozzy Osbourne の次に、復活したメタル・ゴッド、
Judas Priest のロブ・ハルフォードが紹介されました。
高見沢さんは、毎朝 Judas Priest の "Painkiller" アルバムで
目を覚ますのだとか...(笑)

Judas Priest は今年5月に来日し、武道館でライブをやりました。
私はもちろん、行きましたよ!!
アルフィーの春公演真っただ中。
生涯、思い出に残るライブでした。
ロブはメタル界のハイトーン・ボイスとして有名ですが、
高見沢さんもロブのようなハイトーンをイメージしてられるのですね。。
ロブのハイトーンは、最強です!!
喉元を絞めてではなく、お腹の底から一気に絞り上げる高音。。
年齢と共にキラキラで鋭角なパワーは落ちて来ましたが、
今度は熟成されたハイトーン。
これぞ、ビンテージなハイトーン。(笑)

Black Sabbath がどちらかと言うと、ハードロックならば、
Judas Priest は70〜80年代に活躍していたヘビーメタルなバンドです。
メンバーチェンジを経て、ロブ・ハルフォード自身も
"Painkiller" リリース後、脱退してしまいました。

それが、Ozzy Osbourne が主催する 2004年のOZZfest で
Judas Priest ロブ・ハルフォードが復活!!
"Angel Of Tribution" をリリース。
そして、それを引っさげて来日公演となりました。
アンコールには、お決まりのハーレー・ダヴィッドソンで登場〜
何だか、涙したライブでした。


メタル好きアルフィー・ファンとして、「ロックバン・メタル特集」に
一筆添えたくなりました。


アルフィーの春ツアー最中でなければ、高見沢さんも
Judas Priest 復活ライブに来られたに違いありませんね、きっと...
Painkiller 生で聞けたし。
その他 音楽 | 18:26 | author sari | comments(2) | trackbacks(1)
Fuji Rock Festival
私はアルフィー以外は、基本的に洋楽リスナーです。

今年も7月29日から3日間、苗場のFuji Rock Festivalに参加予定です。
ライブのための遠征はなかなかできませんが、
フジロックは毎年の楽しみです。
みっちり3日間、山の中のいくつものステージを回って
ロックな音にどっぷりと浸って来ます。

第1日目、29日のおめあては
カート・コバーンが亡くなった後のニルバーナのメンバーで結成された
Foo Fighters
それから、メロディアスなUKロックのCOLDPLAY
洋楽ではないけど、ハイローズ
時間が重なってるので、どうやって回ろうか悩んでいるROVO
テクノ&ダンス系ジャンルも好きです。
オールナイトで、何かし羅イベントが続いているので
どこでホテルに切り上げるかが悩むところです。
予約しているホテルは、会場のすぐ外の苗場プリンスホテルです。

第2日目のお目当ては、一番にFEEDER!!
ASIAN DUB FOUNDATATION やファットボーイ・スリム、TOWA TEIあたりの
ダンサブルも楽しみにしています。
そして、カリフォルニア・ギター・トリオ、Dinosaur Jr.やRyan Adams
またまた、ステージの時間がかぶっているので、
攻略作戦を立てなくてはなりません。

第3日目、そして私にとって今年のフジロックの一番の楽しみは
ホワイトステージ、トリのSIGUR ROS!!
きっと溶けちゃうかもしれません。
この日はDOVES、BOOM BOOM SATELLITES、THE MARS VOLTA..
そして SIGUR ROS のすばらし過ぎる流れです。


本日、関東を直撃せずに台風7号は過ぎて行きました。
フジロック開催中、快晴である必要は全くありませんが
どうか、よいお天気でありますように!!

6、7年くらい前、台風の影響で、
フェスティバルが1日目の途中で中止になったことがあります。
そして、3年前だったかは1日目、2日目が大雨で
泥沼フェスティバルでした。。


7月29日、30日、31日
そして、アルフィーの夏イベントの8月20日&21日は
どうか、暑すぎず(笑)、雨の降らないよいフェスティバル日和で
ありますように!!
その他 音楽 | 01:09 | author sari | comments(0) | trackbacks(1)
堂本ブラザーズバンド・ファーストライブ感想2.
入場の時に渡された白いバッグの中にお手紙が入ってました。

=== 7月24日放送の「新堂本兄弟」で、
当日のダイジェスト版が放送される予定です。
私が書いているレポートは放送前のネタバレになります。。


ネタバレでも気にせずに読んで下さる方のみ、「記事のつづき」を見て下さい。

それ以外の方は、放送終了後に「補足説明」として見て下さいね。


続きを読む >>
その他 音楽 | 11:32 | author sari | comments(2) | trackbacks(0)
堂本ブラザーズバンド・ファーストライブ
7月17日にお台場特設会場で行われた
完全招待制の堂本ブラザースバンドのファーストライブ。

びっくりするくらいラッキーなことに当選しましたので
招待券を握り締めて行って来ました。



お台場特設会場とは、19年前にアルフィーが10万人のファンを前に
夏の野外ライブをやった懐かしい地
(...だそうです。今日、高見沢さんが言ってました。)

ゆりかもめのお台場駅から徒歩10分のはずなんだけど
入場の際の身分確認がなかなか厳しく行われていて
お台場駅に着いてから、会場入場まで1時間30分かかりました。

私は、招待券に書かれていた通り、写真付き身分証明書(運転免許証)
を持って行きました。
それなのに、さらに生年月日を聞かれました。。
一瞬、忘れそうになって焦りました・・・そんな昔のこと。

会場に入れてもらえて、いつもの手荷物チェック。
OKをもらった後、白い袋をもらいました。
中には The Alfee の夏イベントチラシの他、
DMBB(DoMotoBrothersBand)うちわ
それから、サプライズイベントで使う「サイリウム」が入っていました。

リストバンドをつけられて、B−5ブロック。
真正面!!
最初はブロックの前方に行けたのだけど、ギューギューで暑かったです。
それまで、私の前で座ってらした長身の男性が立ち上がったとたん
ステージが消えました。
なので、バック・・バック・・。
ブロック後方に行ったらスペース余裕の上、ステージ全貌が開けました。




オープニングはたこ焼き屋風はちまき姿(←光一くん曰く)のえなりくんの大太鼓。

バンドメンバー登場。

高見沢さんは、サングラスにキラキラ真っ赤なロングマント&黒いパンツ
巻き髪。
かっこいい!!

堂本光一君&剛くんは、Tシャツ&ジーンズ。
かなり私服風(後で、高見沢さんに突っ込まれてました。)


堂本兄弟のテーマ曲

永遠のBLOODS /Kinki Kids


木村カエラがステージ前に呼ばれ、スタンバイ。

全般的にセットチェンジがあまりスムーズじゃなかったです・・・
TV収録用のライブなので、
チェンジのつなぎのMCとか、あんまりこなれていなかったね。
でも、司会のKinki Kidsは頑張っていました。
リハーサル、ほとんどできていなかったらしいのに。



初めて、単独木村カエラを聞きました。
なかなか、ガッツのある歌い方するのね。

リルラ リルハ / 木村カエラ


続きはまた明日・・・(忘れないうちに。)
その他 音楽 | 00:30 | author sari | comments(0) | trackbacks(0)
!!堂本ブラザーズバンドファーストライブ当選!!
TBS系の「新堂本兄弟」番組主催のイベント
堂本ブラザーズバンドファーストライブが7月17日(日)に
お台場で行われます。
出演者は、Kinki Kids、バブルガム・ブラザーズ、PUFFY、Kiroro、
麗蘭
そして、もちろん THE ALFEE!!
さらに、吉田拓郎さんも出演決定したという噂を聞きました。
ライブは無料招待制なので、応募して当選しなくてなりません。
応募してみましたよ。
はがきに住所・氏名・年齢・職業・・・

当選しました!!
それもBブロッですってよ。
とても楽しみです。
夏イベントの前にアルフィーに会えちゃうことはもちろん、
生光一くん、ワクワクします。
Kiroroの金城さんもとても好きだし、
本当に吉田拓郎さんが出演されたら、うれし過ぎます!!

イベントに関する記事はコチラを見て下さい

どうか、来週の日曜日(3連休中の中日ですね。)は雨降りませんように!


それにしても、最近は運がいいみたいです。
6月28日は初回版Berlin Calling に封入されていた応募はがきを出してみたら
高見沢さんとサイン&握手会に当選しました。
あの時は舞い上がりました!!
2週間が過ぎ、そろそろ落ち着いてきたので、
サイン会のことも書いておかなくては。
落ち着いて来たのはいいいけど、忘れてしまう前に。
その他 音楽 | 17:06 | author sari | comments(8) | trackbacks(0)
「Musical Baton が来たよ」の巻
NO ALFEE, NO LIFE さんからトラックバックして頂き、
Terminal 1 にも musical baton が回ってきました。

Muscical Baton は海外音楽系ブロガーの間で始まり、
トラックバックでバトンを回している内に
今年の春頃、日本に上陸も果たしたようです。

先日、お友達の所にも回っていたので
何とか様子はつかめているつもりですが・・・どうでしょう。

それでは、私もやってみます。



1.Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

700MBほどありました。
ダウンロードしたものではなく、
雑記風に録音して保存しているファイルがあります。


2.Song playing right now
(今聞いている曲)

PCに向かいながらいつも音楽を聞いてるわけではありませんが
今、The Alfee の「Going My Way」のアルバムからタイトル曲をかけました。
とても好きな曲です。
字余りの歌詞が吉田拓郎さん風で、自分に話しかけていることばがいいです。
サビがビートルズ風だったりもします。

高見沢さんのハイトーンもいいですが、この曲のようなダミ声もステキ。
あはっ。

そして、「Going My Way」 の次は、これまた大好きな「タンポポの詩」
これがかかると、座ってキーボード打ちできませんよ。
踊っちゃいます。



3.The last CD I bought
(最後に買ったCD)

・ROYAL HUNT "PAPER BLOOD"
・SHADOW GALLERY "ROOM V"
・MASTERPLAN "AERONAUTICS"
・THE ALFEE "30th ANNIVERSARY HIT SINGLE COLLECTION 37"

洋楽メタル好きです。
先週末は某外資系CD屋がポイント3倍セールやっていたので
大人買いしました(笑)



4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

・The Alfee "FLOWER REVOLUTION"
この曲はアルフィーの全員がそれぞれ順番にメインボーカルになって
歌うからうれしくなります。
軽快なリズムが好き!!



・The Alfee "PRIDE"
アルフィーを「もっと知りたい」と思った曲です。
それまでは聞き流していたのだけど、PRIDE は何度もリピートで聞きました。

何でしょう、桜井さんの優しい声で「君よ闘え」の部分かな・・・



・ELTON JOHN "SOMEONE SAVED MY LIFE TONIGHT"
(Captain Fantastic and The Brown Dirt Cowboy のアルバムより。)
学生の頃ってみんなそれなりに自分に絡まりますよね。
そんな頃、この曲が私に「自由に飛べ!」とささやいてくれました。



・HELLOWEEN "KEEPER OF THE SEVEN KEYS"
メロディーをとても大切にするドイツメタル好きです!!



・DREAM THEATER "THE ROOT OF ALL EVIL"
プログレメタル好きです.
先日リリースされた最新アルバムは、今までのドリームシアターの最高傑作ではないでしょうか!!



・吉田拓郎 "イメージの唄"
初めて買ったレコードでした。
45回転のSP。ドーナツみたいなの。今でも大切に持っています。
吉田拓郎さん独特の字余り、そして浮遊歌詞がとても新鮮な感じで好きでした。

この頃は吉田拓郎さんもまだ20代ですね。

そう言えば、アルフィーのメンバー達も
吉田拓郎さんの影響を受けているそうですね。
どこかで読みました。



思い入れのある5曲を並べていたら、私の年代が・・。
ちょうど80年頃に学生やっていたということで。(笑)

アルフィー達が「ROCKDOM-風に吹かれて-」で歌っている69年、
私はまだまだガキでした。



5曲を選ぶというのは本当に難しかったです。
そう言えば、デートの時にカーステレオでよくかけてた
あの曲も書きたかったです。。

そのデートの相手は、現在の旦那さまです(笑)

今の旦那さまの前のデートの相手はモトリー・クルーでした。
私がHR/HM好きなのは、こちらの彼の影響のようです(笑えます?!)



5.Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)
ブログ始めたばかりなので、この質問は困りました!
渡そうと思った人の所にはもう回っていましたし。

少々お時間を下さい。
探してみます。


その他 音楽 | 02:11 | author sari | comments(0) | trackbacks(0)